今まで本当にありがとうございました。さよなら。
xxSEARCHxx
カテゴリー
FEEDJIT
QRコード
QR
バロメータ
アクセスランキング

RSSフィード
管理人の素顔
管理人へメール
ランキングは崖っぷち

banne22r2.gifにほんブログ村 ニュースブログへ
FC2 Blog Ranking



何気に売れてる物



ジョブボード

最近の記事


スポンサーサイト 

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CATEGORY:スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | ブックマークに追加する

(動画)毒ギョーザとテレ朝 報道ステーションの古館のコメント  

2008/01/31 Thu


古館
これ中国側は大変な痛手ですねー。

加藤
そうですね。あのー、これからー、真相究明がね、なされなきゃいけないと思うんですけれども、曖昧にするとこれ、中国が不利ですよね、跳ね返りますよね。だから日本と中国が協力して迅速に真相究明をして、解ったらその再発防止策をとると。これが肝心ですよね。それからまこの被害者の救済と被害の拡大を今すぐストップする、先ずここですよね。

古館
そうですねー。ストップさせることとこれ、今写っていますけれども、えー中国側からどういう風に情報が出てくるかという点がこれだけ大きな工場でいーっぱい物を作っている、本当に真相がこの詳らかになってくるかということもありますよねー。

加藤
そうですよね。まーあのー、あんまり状況が正確に解らない段階で、あれこれその憶測で言うのもちょっと慎まなければいけないと思うんですけどね、先ずそのーほんとにこのー原料段階、野菜残留農薬という形であったのか、それから製造過程で入ったのか、或いは保管倉庫でね、まあ包装紙にも同じような物質が検出されたっていう情報もありますんで、ま、いろんな状況が考えられると思うんですけれども、先ずそこをはっきりとさせるということですよね。

古館
うーん。確かにあのーレベル以上の混入があったわけですから、残留農薬というよりは工場内で殺虫剤として使ってそれが付着したということも考えられるわけですしねぇ。

加藤
まあ誤って入っちゃったのか、これはあまり考えたくないですけれども、ある種の意図を持った人間がですねこのーわざと混入したという可能性もね、今の段階では否定されないわけですから、あーこのへんはーほんとうにどうなのかっていうところを先ず突きとめなければいけないですよね。

古館
うーん。まあほんとうにこういうことになりますとね、ま普段冷凍食品てのは昔に比べればぐんと味は良くなったと思いますし、そして値段も手ごろで買いやすいというところも(ここで「便利ですよね」の合の手あり)ある、つまり便利さをこう追求していく中で、当然のようにしている使っている食べている製品が、こういうことが起きてくるとやっぱり今まで浮かれた生活をしてきた部分はなかったのかっていうようなことも考えなきゃいけないと思うんですね。やはりもう物流がもう世界中からわーっと食品なんかが安くで入ってくるっていうのが当然で、気がついてみたら日本の食糧需給率は39%まで落ちているというこの現実があるわけですね。気をつけなければいけないと思います。

テレビ朝日|報道ステーション
【毒ギョーザ事件】報ステ・古館「いやぁ、中国側は大変な痛手ですねぇ…」…はぁ?
中国の製造元 最近労働争議があったばかりで、この工場で何が起きても不思議ではない - 毎日jp
【中国産毒餃子外伝】 検証動画:古館&加藤工作員による餃子発言 by 報道ステーション:Birth of Blues
I CAN'T TELL YOU WHY(邦題:ニュース)古館関連エントリー
ギョーザ問題「日本人は虚弱体質だ」
 中国共産党機関紙、人民日報(電子版)は31日までに、中国製ギョーザの中毒問題に関し、共同通信の配信記事を引用する形で「兵庫県で食中毒事件が起き、県警が食品衛生法違反容疑で捜査している」などと事実関係を短く伝えた。

 しかし同紙の31日付紙面は同問題を掲載せず、国営新華社通信や中央テレビなども30-31日午前までに関連ニュースは報じていない。

 一部のウェブサイトでは、同問題が日本で大きく報じられたことについて「こんな事件を起こすから、中国食品は信用されなくなる」「中国のメンツは丸つぶれだ」との声がある一方、「日本メディアがまた中国の悪口を誇張して書き立てている」「日本人はあまりに虚弱体質だ」と反感を表す書き込みもみられる。

ギョーザ問題「日本人は虚弱体質だ」 - 社会ニュース : nikkansports.com
中国は猛毒を撒きちらして自滅する―全世界バブル崩壊の引き金を引くのも中国
中国は猛毒を撒きちらして自滅する―全世界バブル崩壊の引き金を引くのも中国
宮崎 正弘

関連商品
中国禁止! 完全ガイド保存版―買うな、食べるな、使うな、危険な中国 (OAK MOOK 169 撃論ムック)
中国の危ない食品―中国食品安全現状調査
中国の黒いワナ (別冊宝島Real 73)
売国奴
危ない中国 点撃! 福島香織の「北京趣聞博客」
by G-Tools
スポンサーサイト

CATEGORY:ニュース | CM(0) | TB(0) | ブックマークに追加する
xx HOME xx
トラックバックURL
→http://2007blog2007.blog108.fc2.com/tb.php/464-c4cef7d4

コメントの投稿














xx HOME xx

今日・昨日・一昨日 アクセスの多いエントリー

ブログパーツ スカウター : I CAN'T TELL YOU WHY track feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。