今まで本当にありがとうございました。さよなら。
xxSEARCHxx
カテゴリー
FEEDJIT
QRコード
QR
バロメータ
アクセスランキング

RSSフィード
管理人の素顔
管理人へメール
ランキングは崖っぷち

banne22r2.gifにほんブログ村 ニュースブログへ
FC2 Blog Ranking



何気に売れてる物



ジョブボード

最近の記事


スポンサーサイト 

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CATEGORY:スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | ブックマークに追加する

kamipro Special 2008 SPRING号 三崎和雄選手インタビューほぼ全文 

2008/01/12 Sat
kamipro Special 2008 SPRING (エンターブレインムック)――最後のフィニッシュのキックが反則なんじゃないかっていうような意見が出て、再戦がとりざたされていますけど。

三崎:ああ。人から聞いて「へえ、そういうふうになってるんだ」って感じですけどね。でも、正直全く興味がないですね。

――興味がない、というのは?

三崎:故意ではないですけど、もし自分の蹴りが反則だという結論であれば、僕も謝らなければいけないと思います。だけど、だからって再戦ということになるのかな? と僕は思うし。そんな軽いもんじゃないだろうって。さっきも言ったように、勝ち負けの決着をつけるためにリングに上がったわけですから。

――再戦の必然性を感じない、と

三崎:たとえば、この先秋山さんがほかの舞台で活躍して、僕もなんとかいい状態をキープできて、またそういう気運があるのであれば闘うときがくるかもしれないですよ。それは強い者と闘いたいという動物的な本能で。だけど、もちろん逃げるつもりはまったくないんでんですけども、今回の結果を受けての再戦というのは僕の人生に必要あるのかなって。だって、そこが最終ゴールではないですからね。

――あくまで秋山戦は通過点ということですね。試合後はマイクがありましたけど、あれも考えて言ったというより思ってることがドーッと出たという印象でしたけど、真意はどこにありました?

三崎:あのー、僕は試合が終わったらすべてクリアにしたいんですね。だから、起きたことについてあんまり話したくはないんですけど、でも僕が言った言葉がすべてです。僕は自分の心を映し出す鏡をいつも心の中に持ってるんですけど、やっぱり自分の気持ちに正直でいたい。だから、人を裏切ることはやっぱり許せなかったんですよね。僕も柔道をずっとやってきて武士道の精神で僕は助けられてるし、今日まで生きてくることができた。そういう精神を裏切って欲しくなかったという思いを伝えたかったんだと思います。

――最後に秋山選手と向かい合ったのは、そういう意味がありましたか。

三崎:でも、一つ言いたいのは、あの状況って秋山さんにとっては完全にアウェーじゃないですか。でも、あの場所に立って僕の対戦を受けてくれた。これは男ですよ。並大抵の忍耐力、精神力じゃできない。もう、こんなに素晴らしい男はいないなって思いましたね。だから、勝手な言い方ですけど僕としてはまた一人戦友が増えたなって感覚なんですよね。

――極限の試合をした者同士だからこそ、秋山選手の尊敬できる面も誰よりも感じたということですね。

三崎:はい。「強い男」だな、と思いました。だからこそ「もったいない」って言ったらおこがましいですけど、彼自身の力で信用を取り戻してほしいと思ったんですよ。だからこそ、マイクでああいう言葉が出たんじゃないかと思います。

――ただ、三崎さんの決めゼリフの「日本人は強いんです」が、誤解されてる部分もあるみたいなんですよ。

三崎:・・・・・・ああ、そうか。僕はもちろん国籍云々のことを言うつもりなんて毛頭ないんですよ。なんというか、僕はね、人種はどうでもいいというか、結局は人間なんです。アメリカだろうがブラジルだろうが、どこだって一緒。僕が伝えたかったのは、やっぱり戦争にしてもなんにしても、最終的に闘う目的は世界平和だと思うんですね。だから、平和のために僕も何か役に立てばいいかなと思ってるんですけど、そのためにはまず自国を見直さないといけない。それが僕の考え方なんですよ。そういう意味で日本人に誇りを持ってもらおうと思って「日本人は強い」と言ったんですよね。

――なるほど、なるほど。

三崎:たとえば、いま自分が何をしたらいいかわからないような若者っていっぱいいますよね。そういう人たちが僕の試合を観て、「あ、日本人って凄いな」って思ってもらいたいんですよ。「君たちにも先人から受け継いだ日本人の血が流れているんだよ」と。ただ、今回はシチュエーション的に誤解を招くことも確かにあったかもしれない、それは本当に謝罪したいと思います。

――自分のアイデンティティとか自分に誇りを持ってもらいたいということですね。

(kamipro Special 2008 SPRING号より)

総合格闘技
kamiproSpecial(2008 SPRING)
秋山成勲をKOした三崎和雄「日本人、強い」発言を謝罪したと伝える韓国のサイト
吉田豪のセメント!!スーパースター列伝 (kamipro book’s)
吉田豪のセメント!!スーパースター列伝 (kamipro book’s)
吉田 豪

関連商品
プロレス・格闘技超“異人”伝―リングの外でもスゴい人々 (洋泉社MOOK)
人間コク宝
元アイドル2
元アイドル!
続・人間コク宝
by G-Tools
スポンサーサイト

CATEGORY:格闘技 | CM(0) | TB(0) | ブックマークに追加する
xx HOME xx
トラックバックURL
→http://2007blog2007.blog108.fc2.com/tb.php/443-e900c4af

コメントの投稿














xx HOME xx

今日・昨日・一昨日 アクセスの多いエントリー

ブログパーツ スカウター : I CAN'T TELL YOU WHY track feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。