今まで本当にありがとうございました。さよなら。
xxSEARCHxx
カテゴリー
FEEDJIT
QRコード
QR
バロメータ
アクセスランキング

RSSフィード
管理人の素顔
管理人へメール
ランキングは崖っぷち

banne22r2.gifにほんブログ村 ニュースブログへ
FC2 Blog Ranking



何気に売れてる物



ジョブボード

最近の記事


スポンサーサイト 

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CATEGORY:スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | ブックマークに追加する

(画像)オーストラリア反捕鯨団体が日の丸を陵辱してる件 

2008/01/04 Fri
r214402_830106.jpg

日本領事館で捕鯨に抗議するバナー・デー(横断幕などでデモする)
 動物解放運動員たちは昨日、メルボルンでグラフィック反捕鯨デモンストレーションを実施した。オーストラリア水域でのおよそ1000頭におよぶクジラの捕殺に抗議して、彼らは日本領事館の外で巨大な日本国旗を公開した。

 真っ赤なペンキで身体全体を塗りたくった1人の女性が国旗の中央「血の海」に座っている。日の丸のところだ。200人ほどのデモ参加者は「恥知らず日本」、「捕鯨禁止命令」と書いたバナーを掲げた。ビクトリア動物解放機構(ALV)の反捕鯨運動員ノア・ハンニバル氏は、「成功」を宣言した。「強烈なメッセージになったと思いますよ」と、彼は言う。

 「私たちはゴングを持っていって985回打ち鳴らしました。殺されそうなクジラの数です。私たちはこれまでいろんな手立てを講じてきましたが、穏やかな表現を心がけてきました。しかし、彼らはまるで聞く気がないように見えるので、今後はより抗議の声を高めていくつもりです。クジラに銛が打ち込まれる光景は実におぞましい。この虐殺を止めるためには私たちは何でもやります」と、彼は言う。

 領事館の反応はまだない。「彼らはドアを閉めてしまった。私たちは応答を待っています」

Banner day for whaling protest at Japan's consulate | Herald Sun
少し前のニュースですが。。。
 反捕鯨活動家たちがメルボルンの日本領事館で血液に似せた赤インクをぶちまけてカーペットを汚した。領事館のスポークスマン(氏名を明かさず)は、6人ほどの活動家たちが今日午後、エリザベス通りに建つメルボルン・セントラルビル45階にある日本領事館の中で赤インクをカーペットの上にぶち
まけたと語った。

 活動家の関係者だという男性が語るには、彼らグループの今回の行動は来月には南洋で始まる例年の日本の調査捕鯨が「冷酷で最低」な慣行であることを際立たせたかったのだという。

 オーストラリア連邦警察のスポークスウーマンによれば、AFP保安局職員が活動家たちをビルから追い出したが逮捕はしなかった。一方、ビクトリア州警察は取調べも行わなかった。彼らは立ち去る前に汚したところを掃除しようとしていたので罰することもないと、同警察のスポークスウーマン。

Fake blood smeared on Japanese Consulate | The Australian
GoogleNews検索: 捕鯨 オーストラリア




ビクトリア動物解放機構(ALV)
 人種だけでなく全ての動物は分け隔てなく同等の権利を有すると主張する動物解放運動団体。過激な反捕鯨活動で悪名高い「シーシェパード」と親密な関係にあり、同サイト内でシーシェパードの紹介ページもあるほど。「シーシェパードは世界で最も影響力を持つ最前線の動物愛護団体で、親友のキャプテン・ワトソンは情熱家で勇気があって戦略家でもある」と、ALV代表が絶賛している。

ALVのSea Shepherd紹介ページ

(左)日本領事館職員がALVメンバーにビルを立ち去るように話しているところ
(右)「真っ赤な血」と「捕鯨禁止」のデモンストレーション

alv.jpg


オーストラリアの日本領事館で捕鯨の抗議活動 国際ニュース : AFPBB News・・・adidasまでもが
Day of Action for the Whales / Animal Liberation Victoria
懐かしい くじらの缶詰 10缶セット・・・こんな高かったっけ?

関連エントリー
i love whale's meat !:マネーモンキーレポート
HEROESヒーローズ女優ヘイデン・パネッティーアがブログで日本ボイコット運動を展開中

クジラと日本人―食べてこそ共存できる人間と海の関係 (プレイブックス・インテリジェンス)
クジラと日本人―食べてこそ共存できる人間と海の関係 (プレイブックス・インテリジェンス)
小松 正之

関連商品
よくわかるクジラ論争―捕鯨の未来をひらく (ベルソーブックス)
クジラと日本人 (岩波新書)
日本はなぜ世界で一番クジラを殺すのか (幻冬舎新書 ほ 1-1)
国際マグロ裁判 (岩波新書)
反捕鯨?―日本人に鯨を捕るなという人々(アメリカ人)
by G-Tools
スポンサーサイト

CATEGORY:ニュース | CM(0) | TB(0) | ブックマークに追加する
xx HOME xx
トラックバックURL
→http://2007blog2007.blog108.fc2.com/tb.php/414-5342e9ea

コメントの投稿














xx HOME xx

今日・昨日・一昨日 アクセスの多いエントリー

ブログパーツ スカウター : I CAN'T TELL YOU WHY track feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。