今まで本当にありがとうございました。さよなら。
xxSEARCHxx
カテゴリー
FEEDJIT
QRコード
QR
バロメータ
アクセスランキング

RSSフィード
管理人の素顔
管理人へメール
ランキングは崖っぷち

banne22r2.gifにほんブログ村 ニュースブログへ
FC2 Blog Ranking



何気に売れてる物



ジョブボード

最近の記事


スポンサーサイト 

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CATEGORY:スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | ブックマークに追加する

(証拠写真)ガンバ大阪マグノアウベス サウジのアル・イテハドと職場放棄して交渉 

2007/11/23 Fri
マグノ無断サウジ入り…G大阪エース職場放棄
ガンバに激震だ。G大阪のFWマグノ・アウベス(31)が22日、2日連続でチーム練習を欠席した。当初は体調不良とされていたが、サウジアラビアへ極秘入国していたことが判明。しかも現地プレミアリーグのアル・イテハドと移籍へ向けた交渉を行った。そのため、既定路線通り、今季限りで退団する見通しとなった。

 奇跡の大逆転Vへ一丸となるG大阪で、助っ人エースが前代未聞の“無断欠勤”だ。前日(21日)に続き、ホーム最終戦となる神戸戦(24日・万博)へ非公開で調整したこの日も、昨季J得点王は姿を現さず。

 実は1―1で引き分けたF東京戦(18日味スタ)の直後に中東へ飛び立った模様。同クラブの公式ホームページにも、20日付でその詳細が写真付きで紹介されている。関係者も「(移籍へ)動いていることは事実」と説明した。

 造反さながらのM砲の愚行は、進撃ムードに水を差しかねない。わずかな可能性を信じ、イレブンは必死に戦っている。雲隠れに、職場放棄…。勝負のJ終盤戦だけに、その影響が懸念される。

スポーツ報知
マグノアウベスが退団へ J1・G大阪
Jリーグ1部(J1)G大阪のエースFWマグノアウベス(31)の今季限りでの退団が23日、確実になった。21日から3日間連続、無断で練習に参加せず、西野監督は23日の練習後に「チームの1人とは考えにくい」と話した。

 マグノアウベスは移籍先としてサウジアラビアの強豪クラブ、アルイテハドと接触したとみられ、同クラブのホームページは関係者と同選手が談笑する写真などを掲載。西野監督は「誰も知らなかった」と困惑した表情だった。

 残り2節のJ1でG大阪は優勝の可能性を残すが、天皇杯全日本選手権を含めた今季の残る公式戦で同選手を起用しない方針。J1の神戸戦(万博)が行われる24日に対応を協議する。

 マグノアウベスは大分からG大阪に移籍した昨季J1で26得点を挙げて得点王に輝いた。今季はけがをした影響もあり、第32節終了で10得点にとどまっている。

「マグノアウベスが退団へ J1・G大阪」:イザ!
Yahoo!ファンタジーサッカー - ガンバ大阪 マグノ アウベス
トップページ | ガンバ大阪オフィシャルサイト
スポーツナビ | サッカー|Jリーグ|順位表 J1
emad_-_11_-_20_-_001.jpg



emad_-_11_-_20_-_003.jpg

emad_-_11_-_20_-_005.jpg


الموقع الرسمي لنادي الإتحاد العربي السعودي
アル・イテハド - Wikipedia
 1928年創設のサウジアラビアのみならず、アジアを代表する強豪チーム。FIFAクラブ世界選手権2005にアジアのクラブチーム代表として出場した。なお、アルはアラビア語の定冠詞、イテハドはアラビア語で"united"という意味で、アラブ諸国には同名のチームが多数ある。

歴代所属選手

ティジャニ・ババンギダ(ナイジェリア) ベベット(ブラジル)

サウジ・プレミアリーグ : 6回
1982, 1997, 1999, 2000, 2001, 2003, 2007
AFCチャンピオンズリーグ : 2回
2004, 2005

アル・イテハド - Wikipedia
オシム監督家族がファンにメッセージ
日本代表のオシム監督は22日も容体に変化はなく、意識のない状態で集中治療室(ICU)に入ったままだった。21日夜は長男の千葉・アマル監督とアシマ夫人、長女イルマさんがICUの控室で五輪予選を観戦。アマル監督は試合後「3分でいいから会わせてくれ」と病院側にお願いし、眠っている父に北京五輪出場決定を伝えたという。一夜明けたこの日夜にはU―22代表の江尻コーチもお見舞いに訪れ、予選突破を報告。23日には、アシマ夫人ら家族がサポーターにメッセージを出す予定だという。

オシム監督家族がファンにメッセージ  livedoor スポーツ
■家族からのメッセージ
 私たちの夫であり父である、イビチャ・オシムは、先週金曜日の入院以来、生命と回復のための闘病を続けております。

 最初の最も困難な段階を乗り越えることができた今、イビチャ・オシムの容体を気にかけ、万全のサポートとご支援をいただいている順天堂大学病院及び日本サッカー協会、ジェフ千葉の関係者をはじめ、温かいご声援を送ってくださるファン・サポーター、日本全国、世界各地の全て皆様に、心から感謝の気持ちを申し上げたいと思います。

 皆様のご支援は私たちにとって大きな支えとなり、また、勇気と力を与えてくださるものです。まだ予断を許さない状況が続いておりますが、皆様には重ねて御礼を申し上げます。

 最後になりましたが、昨日のオリンピック出場決定、誠におめでとうございます。病床のオシムには試合終了直後に長男アマルが報告を致しました。

2007年11月22日 オシム家 家族一同 

スポーツを読み、語り、楽しむサイト|THE STADiUM
スポンサーサイト
CATEGORY:サッカー | CM(0) | TB(0) | ブックマークに追加する
xx HOME xx
トラックバックURL
→http://2007blog2007.blog108.fc2.com/tb.php/320-021ec67f

コメントの投稿














xx HOME xx

今日・昨日・一昨日 アクセスの多いエントリー

ブログパーツ スカウター : I CAN'T TELL YOU WHY track feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。