今まで本当にありがとうございました。さよなら。
xxSEARCHxx
カテゴリー
FEEDJIT
QRコード
QR
バロメータ
アクセスランキング

RSSフィード
管理人の素顔
管理人へメール
ランキングは崖っぷち

banne22r2.gifにほんブログ村 ニュースブログへ
FC2 Blog Ranking



何気に売れてる物



ジョブボード

最近の記事


スポンサーサイト 

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CATEGORY:スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | ブックマークに追加する

オシムの回復を祈るバナーを付けませんか?@シュワーボ!オスタニ! 

2007/11/19 Mon
12/5 追記です

SOCCER UNDERGROUND BLOG: 「オシムの回復を祈るバナー」をダウンロードして使用してくださっている皆さんへ。

svaboostaniv320.jpg

SOCCER UNDERGROUND BLOGさんより
ŠVABO!OSTANI!は、かつてオシムが監督をしていたパルチザンを辞める時に選手やサポーターが「オシム、行かんといてくれ~(シュワーボ!オスタニ!)」と叫んだエピソードから取った言葉だそうです。

SOCCER UNDERGROUND BLOG: オシムの回復を祈るバナー
オシムの言葉 フィールドの向こうに人生が見える
叫ぶべきかと迷った。「シュワーボ、オスタニ!」。意味は「ドイツ野郎、残れ」。1992年5月21日のベオグラードで響き渡ったこの言葉の向けられた先に、ドイツ系の血を引くイビツァ・オシムの体が震えていた。

 彼はこの日、ズベズダことレッドスター・ベオグラードを破ってパルチザン・ベオグラードをユーゴ杯の優勝へと導いた。そしてそのままパルチザンの監督を辞め、そしてスウェーデンで行われることになっていた「EURO92」に出場を決めたユーゴスラヴィア代表の監督も辞めると発表した。

 理由はオシムの故郷、サラエボを襲った戦火。チトーの死語、民族意識の高まりがお互いの疑心暗鬼を生んだ挙げ句、分裂の始まったユーゴスラビアでは、ボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボへとクロアチア、セルビアの双方が迫り街を包囲。そこにオシムは妻と娘を残したまま、故郷を攻める勢力の片方、セルビアにある軍のチームを率いて戦っていた。

 気持ちは平穏ではあり得ない。けれども職務は真っ当するのが彼の流儀。サッカーを共に戦うセルビア人たちへの憤りもない。だからこそオシムはパルチザンを優勝へと導き得た。けれどもそれが精いっぱいだった。戦火は広がりユーゴ連邦から集まった選手達の周辺にも、その影が忍び寄っている。何より故郷が戦火にまみれている。辞めるより他に道はなかった。

 その時、選手たちが叫んだ。「シュワーボ、オスタニ! シュワーボ・オスタニ!」。ザボビッチが、ミヤトビッチが叫び手を振ってオシムを引き留めようとした。その叫びに込められているものは、単に自分たちを引き立ててくれ、優勝という栄冠へと導いてくれた監督に、今再びの栄冠をもたらして欲しいと依願する打算的な感情ではない。

オシムの言葉
YouTube - “イビチャ・オシムの流儀”
Champagne Supernova|キリタニブログ|スポーツナビ+
第一のヤマ場、越えつつある 病院側が所見
医師団の所見(全文)

 イビチャ・オシム監督はいまだ予断を許さない状況下ではありますが、18日は、その強じんな体力と治療の効果により、第一の大きなヤマ場を乗り越えつつあります。引き続き、ご家族の温かい見守りの中、集中治療室で医療チームの管理の元に、最善の努力がなされています。

毎日jp(毎日新聞)
オシム監督に見舞い続々 ジーコ氏からも:イザ!
巻 サポーターの千羽鶴に涙 SANSPO.COM
中村憲剛公式サイト:メッセージ: オシム監督
中澤佑二OFFICIAL WEB SITE 〜BOMBER22.COM〜 ■執念

引き裂かれたイレブン~オシムの涙~
引き裂かれたイレブン~オシムの涙~
イビチャ・オシム

関連商品
日本人よ!
イビチャ・オシムのサッカー世界を読み解く
蹴る群れ
オシムが語る
イビチャ・オシムの真実
by G-Tools

スポンサーサイト

CATEGORY:サッカー | CM(0) | TB(1) | ブックマークに追加する
xx HOME xx
トラックバックURL
→http://2007blog2007.blog108.fc2.com/tb.php/308-dd8fc459
オシム 快方の兆し?
2007.11.19 (15:10)+ zara's voice recorder
オシム監督 「第一の大きなヤマ場超えつつある」 日本サッカー協会の田島幸三専務理事は18日、急性脳梗塞(こうそく)で緊急入院中の日本代表・オシム監督について、「いまだ予断を許さない状況にあるが、その強靭(きょうじん)な体力と治療の効果により、第一の大きな

コメントの投稿














xx HOME xx

今日・昨日・一昨日 アクセスの多いエントリー

ブログパーツ スカウター : I CAN'T TELL YOU WHY track feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。