今まで本当にありがとうございました。さよなら。
xxSEARCHxx
カテゴリー
FEEDJIT
QRコード
QR
バロメータ
アクセスランキング

RSSフィード
管理人の素顔
管理人へメール
ランキングは崖っぷち

banne22r2.gifにほんブログ村 ニュースブログへ
FC2 Blog Ranking



何気に売れてる物



ジョブボード

最近の記事


スポンサーサイト 

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CATEGORY:スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | ブックマークに追加する

誰が「小沢一郎」を葬ったか@週刊新潮 

2007/11/10 Sat
誰が「小沢一郎」を葬ったか
▼「第2の角栄だ」永田町を駆け巡った「アメリカにやられた!」
▼「10日前」から都内のホテルで始まっていた「事前交渉」
▼「公明を切れ!」「それはできない」会談の緊迫した瞬間
▼読売「組閣スクープ」は渡辺恒雄会長が「仕掛け人」だったから
▼「仏敵・民主党」との連立は「自民の自殺」と公明・北側幹事長
▼「山田洋行」「不動産疑惑」追及から逃れたという「自爆説」
▼「菅か岡田か」やっぱり民主の「代表争い」はつまらない
▼「離党者17人」なら自民に高く売れる「小沢・真紀子新党」
▼「福田高笑い」で早ければ「クリスマス解散」か

週刊新潮|新潮社
nikaidou.com: 週刊誌ナナメ読み
記者倶楽部 平成19年11月07日
小沢辞任決断のウラに関して、怪情報が2つある
 一つは、捜査当局が “ある疑惑” で小沢に迫りつつあったというもの。

もう一つは、米軍への給油支援活動中止に関して、アメリカから小沢に圧力がかけられたというものだった。

「 続投になって、ただの噂ばなしになってしまったが、前者に関しては、かなり確度の高い話として、4日から5日にかけて流れた 」 (政治部デスク)

論談:記者倶楽部
「第2の角栄だ」
永田町を駆け巡った「アメリカにやられた!」
 「小沢はアメリカにやられたんだ!」。小沢氏が辞任会見に臨んだ時、永田町にはそんな声が駆け巡った。インド洋での給油活動を停止した日本に、アメリカは激怒。小沢氏は、かつてアメリカという“虎の尾”を踏んだ故田中角栄の二の舞になったというのである。

 インド洋での給油活動からの撤退-この一事を阻止しようとして失敗し、安倍前総理は退陣。そして、福田政権も、迷走中だ。そんな中で飛び出したのが自民党と民主党との"大連立構想"であり、それに乗ったのが小沢氏である。

 しかし、危険極まりないその構想に、なぜ小沢氏は踏み入ったのだろうか。「冷静沈着な普段の小沢氏なら、乗らなかったのではないか。会談に応じたこと自体が不可解だし、何か焦りがあったとしか思えない」
と、永田町関係者は口を揃える。そして、その焦りの原因を「アメリカ」と見る専門家は少なくないのだ。

 「給油を一刻も早く再開しろ、というアメリカの要求は厳しく、小沢氏の周辺にもさまざまな形の"風圧"があったのです」と指摘するのは、政治評論家の森田実氏だ。「その風圧を感じた小沢氏は、すでに8月にワシントンに自分と一心同体の人間を派遣して米高官と接触させていました。米のプレッシャーをひしひしと感じる中で、小沢氏に"米国恐怖症"が猛烈に芽生えていたのです。

 今回の会談に乗る素地が出てきたのはそこです。与党と政策合意して連立政権を組み、国連決議の下に自衛隊の海外派遣に道を開き、その上で給油を実現するという道を小沢氏は選んだのです」 が、参院選の余波が続く8月8日、小沢氏はシーファー駐日大使を党本部に呼び出し、45分間も待たせて報道陣に"晒し者"にした上で、テロ特措法への反対を表明していたはずである。

 「非礼という以前に、あのやり方は社会人として問題がありますね。まさしく小沢氏の政治手法であり、パフォーマンス。大使は、小沢氏のダシに使われたのです」(中西輝政・京大教授)それほど強気な小沢氏が、本当にアメリカに恐怖など抱いたのだろうか。


 そこで思い出されるのがロッキード事件で失脚した故田中角栄だ。小沢氏の政界における"父"であり、"師匠"である。「田中角栄元首相は、日中国交回復を契機に米国との同盟関係から多面外交を展開し、メジャーの石油利権にも手をかけた。

 総理の職を辞した2年後、米上院でロッキード社のコーチャン元副社長が告発証言し、角栄は、やがて逮捕されます。当時、米の虎の尾を踏んだ、といわれたのです」(司法ジャーナリストの鷲見一雄氏)

 政治ジャーナリストの花岡信昭氏によると、「夏頃から国務省が、小沢氏を改めて洗い直しているという情報が伝わってきていました。米は小沢一郎という政治家にかなり神経を尖らせていたのです。小沢氏の心理的なプレッシャーはきつかったと思います」だが、かつてアメリカと小沢氏はこの上なく"蜜月"だった。自民党関係者がいう。

 「日本の有望な政治家を目立たぬように支援していくのが米国のやり方です。米は、早くから小沢さんに注目していた。モトローラ社が発端となった89年の日米通信戦争の際、小沢さんが日本政府の特使として交渉に当ったことがあります。その時のタフ・ネゴシエーターぶりで、彼の評価はさらに高くなった。その後、小沢さんが持病の心臓病を悪化させた時、横田の米軍基地から軍用機でワシントンのぺセスダ海軍病院に運んで治療させたという情報があったほどです。

 でも可愛さ余って憎さ百倍。今ではあらゆるチャンネルを使って、小沢潰しをはかっているという情報が流れています。特に山田洋行にからむ問題をアメリカはかなり掘り起こしていたようですね」

「ご破算?復活?小沢・福田、くすぶる解散密約」:イザ!
「小沢氏「早期解散の可能性も」 対決姿勢強める」:イザ!
「週刊新潮」が報じたスキャンダル戦後史
虚像に囚われた政治家 小沢一郎の真実 (講談社+α文庫 (G143-2))
虚像に囚われた政治家 小沢一郎の真実 (講談社+α文庫 (G143-2))
平野 貞夫

関連商品
「小沢一郎」入門―カリスマの原点 小沢一郎は何を考えているのか (知的生きかた文庫)
by G-Tools

スポンサーサイト
CATEGORY:政治 | CM(0) | TB(1) | ブックマークに追加する
xx HOME xx
トラックバックURL
→http://2007blog2007.blog108.fc2.com/tb.php/284-ec4542de
週刊新潮 の情報を最新ブログで検索してみると…
2007.11.27 (16:32)+ マッシュアップサーチラボ
週刊新潮に関する情報を最新ブログやユーチューブ、通販商品から検索してマッシュアップしてみました。

コメントの投稿














xx HOME xx

今日・昨日・一昨日 アクセスの多いエントリー

ブログパーツ スカウター : I CAN'T TELL YOU WHY track feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。